スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
はるが来ました!!
こんにちは




haru0361-10.jpg


8月に我が家へお迎えした


ジャンガリアンハムスターの「はる」くんです p(*^-^*)q


名前の由来は8月にお迎えしたので、葉月の「は」


先代のめるさんから「る」をいただき。。。「はる」です!



haru0325-10.jpg


お迎えした当初はほんとに小さくて


まだ、地下の巣箱を見つけられずにいたので


こんな風に寝てました (^∇^)


haru0326-10.jpg




haru0329-10.jpg




haru0330-10.jpg




その後、地下の巣箱へせっせと巣材を運び。。。




haru0360-10.jpg



今は、こんな感じで熟睡(* ´ ▽ ` *)



haru0359-10.jpg




でも、まだまだ小さいです




haru0356-10.jpg







haru0342-10_201509240843083e2.jpg





haru0349-10_20150926102527401.jpg





haru0352-10.jpg



たくさん食べて、たくさん寝て


そして、たくさん遊んで、幸せに過ごしてほしいと思います。



haru0412-10.jpg





haru0390-10.jpg





haru0388-10.jpg






「める」との別れの辛さから


もうハムスターは飼いたくないと思いましたが。。。





入澤さん のホームページにこんな言葉がありました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハムスターを楽しく飼育しましょう。

ハムスターを健康に活き活きと生活させてあげましょう。

そうすれば、飼い主も嬉しいし、ハムスターも嬉しいです。

だから、晩年のハムスターは、飼い主に感謝して

楽しかったことを思い出しながら、安心して、

一生を終えることができます。

このときを、優しい気持ちで、静かに見送ってあげましょう。

悲しむことは、なにもありません。

とは言いながらも、長年にわたって、

いくつもの死に接した経験から、死を軽く受け入れることは

なかなか難しいです。


そのような時に、「ゾウの時間・ネズミの時間」

と言う、本川達雄氏(理学博士・動物生理学)の

興味深い学説を知ることが出来ました。

ゾウの一生も、ネズミの一生も、それぞれにとって、

同じだという学説です。


ゾウは何十年も生きますが、ネズミはおよそ2年です。

ハムスターもネズミ属ですから当てはまります。

しかも、ハムスターの一生には、

お母さんの優しさに触れる時期も、

兄弟達と仲良く楽しく過ごした時期も、

独り立ちの時期も、

結婚・出産・子育ての機会も、

同じものがちゃんと備わっています。

ゾウや私達が、ハムスターの一生を時間的に見たら、とても短いですが、

ハムスターにとっての時間は、充実した一生分の時間だということです。

私達から見たらほんの2年程度だからこそ、

その一生を大切に飼育してあげたい と考え、

良い一生だったことを喜んで旅立たせてあげることが、大切だと考えています。

ハムスターはとても小さいですが、一つの立派な命です。

皆さんの所にやってきたのは幸運な運命です。

ハムスターが、健康に暮らせて、

良いところに来て良かった。

飼い主とのコミュニケーションが楽しかった。

と思って、安心して旅立てるように飼育してあげましょう。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




この世に生を受け、ただ苦しむだけで生涯を閉じる動物の方が


多いのかも知れません。。。


だから、別れの辛さは考えず


触れ合える幸せを選びました (^-^)


haru0484-10.jpg



最後に、励ましのメールを下さったみなさん!
本当にありがとうございました





スポンサーサイト
[2015/09/27 09:38 ] | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。